みちのく

道には「関(かん)」という狭い門があると言います。
地上で言えば昔は関所、屋敷なら玄関を通らないと奥座敷へは行けません。
いずれにせよ易々とは行けないということです。
越えなければ奥など解りようがありません。

道という以上自我を出しては通ることは許されない「関」があります。

迷いから悟りへの飛躍は容易ではありません。
相対から絶対へ。
”みんな一緒”へ。

答えが複数でも支障がない。
固体、柔体、流体、気体。
相対的な認識を超えます。
比べるからこその表現。 固い稽古とは? 気の流れの稽古とは?
迷うだけで答えなど出るはずがありません。
「違う」ものではありません。だから「段階的に」と教わります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)