みちのく合気道菅原道場演武会顛末

先ごろ、県内でも伝統ある祭りで、共に稽古をしている仲間が道場長を務める
『みちのく合気道菅原道場』の演武が披露されました。

IMG_0173_R.jpg  IMG_0221_R.jpg

IMG_0220_R.jpg  IMG_0197_R.jpg

雨天に見舞われることが恒例の催事にも関わらず、
演武直前にいきなり青空が見え、雨が上がるという事態に。
これも何かのお導きでしょうか。

年少合気道教室である本道場。
例年より参加者は少なかったものの、参加した子供たちは精一杯演武していました。
一般門人からキャプテン、道場長と続く演武に訪れた人は足を止めます。

毎年この演武を楽しみに足を運んで下さる市民もいます。
これが地域で彼の道場を認知させる一助になれば幸甚に思います。

道場長による最後の師範演武は、全く打ち合わせなしの短刀取り。
大勢のギャラリーを緊張感が包みました。

IMG_0239_R.jpg
スポンサーサイト

合縁氣縁

岡山から道兄が顔を出してくれました。
お弟子さんが県内在住で結婚式列席のため来県とのこと。
ご縁に感謝です。

共に稽古をし、
取り組んでいることと、その方向性を確信。
自動的に取り組んでいる私の機能の低さも痛感しました。
良い機会に恵まれ実りある時間でした。充実です。

発足当初から言っていますが、
うちの道場は出稽古を推奨しています。
見聞を拡げ、価値観の多様性を発見し、上質なものに触れてください。
稽古は自分のためにやるものです。
ポピュラーであることや、後ろ盾で己が目にフィルターを掛ける事の無きよう。