木組みは人組み

最近弟子の仕事や部活の都合で、
稽古日違いでそれぞれが稽古に来ることが続きました。

型稽古ですので見据える先は同じです。

しかしそこに行くまでの経緯は十人十色です。
一人ひとりに癖が有り
生まれた時から個性があります。

『導く』と言えるほど大層な指導は行っておりませんが
此度の状況は、個性を活かす導き方の良い経験になりました。

つくづく武道は学問であると感じ入った次第です。
スポンサーサイト

前提

『攻め』に対して『守り』。
競技スポーツではよく聞きます。

合氣道の『仕手』に対して『守り』はありません。

『受け』です。

守るのではなく受けるのです。

掴み一つ。
守るために掴んでいては稽古の本質は解りません。
受け太刀。
打ち込みを防御していては型になりません。

想起

自分がまだ白帯だった随分昔。
師匠に
「斉藤先生はお年を召して腕力が弱っていっても太刀の打ち込みは全く力が衰えなかった」
と聞かされたことがあります。
当時は
(すごいなー。)
という感動を素直に感じて完結していました。
しかし、その事実が今になって確信を与えてくれます。
得物を活かすには何をもって活かさねばならないのか。