備えなし

先日稽古日の前日にいつものように大雪が降りました。
私は稽古には道着で雪駄という出で立ちで行きます。

道場へは上り坂があり、途中まで車で30センチの積雪を突っ込んで行きました。
が、
上り坂の途中でスリップしてしまい頓挫。あえなくバックで戻ります。

そして膝までの高さの積雪を200mほぼ素足で歩きます。
体感温度氷点下なので瞬時に膝から下の感覚はなくなります。というか痛いです。
地肌の雪中行軍。
挙句前の晩の稽古中に暖房の灯油が尽きたので道場内も氷点下。
入口に辿り着いた時は雪のブーツを履いてるかのごとく膝下が雪に覆われている始末。

備えは大切です。

スポンサーサイト

目標・・・なのか?

道場の片面は床張りなので主に剣道部が使用しています。
掃除の際にはそちらまでモップがけをしますので色々と目に入るのですが、
壁際の黒板に生徒さんたちが学年男女別に目標を書き記しています。

例えば1年女子は[I LOVE 剣道」や「強い心」など。
1年男子は[Aチームに入る!」など。
2年女子は「中総体優勝!」とかなり現実的になっていきます。
なぜか2年男子は「退かぬ 媚びぬ 省みぬ」と書かれてあります。
・・・極星の人生訓・・・(=_=)
平成二桁代生まれだろうに・・・・(=_=)
よく知ってるな・・・(=_=)

そんな彼らの戦績が良いものであることを密かに応援するのでした。

ご縁

以前弟子が、学生時代の同期ということで福岡出身の子を連れてきました。
(ちなみに弟子の奥さんも福岡出身です。)
1日体験入門をして岩間流に興味を持ったようでした。道場を探すとか?

今、期間限定できている弟子も福岡出身です。
センスのある子で1回見取りすれば器用にこなします。

何かと九州方面と縁のある今年の後半。

各地に道兄がいる環境をありがたく思う一場面です。
少しでも印象を残してあげられるのなら、縁も広がるかなと思うのでした。

第7回奥州稽古会顛末

907.jpg 017.jpg 015.jpg
009.jpg 013.jpg

先日、宮城県仙台市の根本道場において開催されました
第7回奥州稽古会に参加してまいりました。

この行事は年1回ほど宮城県道友と水沢道場が連携して行う稽古会です。
会場は持ち回りで行われますが今年は宮城県でした。

”組織”には無理があります。
個を叩き、秩序と称して内外双方で制圧を行う場合もありえます。
この稽古会は組織の枠を取り払い、普段研鑽しているスタイルにとらわれず
ひたすら楽しく交流し、見聞を広めることを目的としています。

諸先生、諸先輩を前に恥ずかしくも講師として1コマいただきました。
何分初の経験ですので勝手が分からずご迷惑をおかけ致しました。

皆様の変わらぬ近況と良い知らせに安心いたしました。

夜の懇親会は翌日の都合で日帰りの強行軍でしたが
楽しいお酒をいただくことができ、段取りをしてくださった先輩に感謝です。

経験を活かし、また自分の合氣道に還ります。