戒める

「私は大先生の合氣道しか知らない。でも、皆さんは私の合氣道を参考にしてもらって、いろんな研究をして、自分の納得いく合氣道を作るしかないね。考え方の違う人もいるから。私は大先生の技をやりますけど、これしかやっちゃダメだってことは絶対に言いませんからね。いろんな経験をとにかく積んでもらって、良いとこは全部もらって、いくらカッコよくても役に立たない技を真似しちゃだめですよ。良いと思ったものはどんどん吸収して、自分なりの合氣道に活かしてください」

故斎藤先生が遺してくださった心にしみる言葉です。
四角四面に受け取っても寛容さが伝わりますが、
何より圧倒的な自信と合理性の裏付けという含蓄があります。

簡素な言葉に思えますが、これを独り善がりに陥らぬように実践するとなると、
尋常ではない、それこそ気が狂いそうになるほど悩む必然が生じます。
スポンサーサイト

見聞を広げる

水沢道場に入門して茶帯を頂いた辺りと記憶していますが。
とある演武会でご縁を頂き、県内の半分以上の道場と県外の道場にもよく出稽古に行かせて頂きました。

合氣道には試合がありませんので道場の特性は師範に大きく左右されます。
敷居を跨いだらその場に倣うのは常識です。
どこに行っても自分の技が通用しませんでした。
いつもの癖が動きに出るたびによく注意を頂きました。
それぞれの道場には信じて取り組んできた歴史と秩序があります。
その思い入れを否定する権利は誰にもなく、まして優劣を考えるのも不条理です。

あの時期に随分と己の見聞が広がったと思います。

身内同士の稽古は楽しいです。
翻って求道者としての生産性を時間に置き換えた場合、
まったく格好がつかない、むしろ格好悪い、恥をかける場所に身を投じることの有意義。
限られた特有の場所で発揮する塵のような権威は将来へ持っては行けません。

私は師匠に出稽古を推奨されました。
「外を見て来い。良いものは持って帰って来てくれ。」と。
道場の看板を背負って他所へ出向き恥をかけば道場の評価に直結する可能性があります。
にも拘らず師匠は自身のために良いものに触れて至らない自分と向き合うことを後押ししてくれました。

特に学生さんなどは、なかなか同じ年代との交流にしか恵まれないと思います。
先輩としての威厳を失う怖さを捨ててでも、町道場に出稽古する気概がある方々も幾人か見てきました。
年齢からくる自尊心を考えると決して簡単な行動ではありません。
しかしやはりその恥と引き換えた成長は相当なものです。
個人的にはそのような貪欲さと求道心に尊敬をします。

なんとなく、
合氣道を愛好する学生諸氏の町道場との交流を思い巡らせた次第です。

和して同ぜず

和を感じられれば他を敬います。
そして互いに敬うからこそ和が成り立ちます。

戦わないことが平和ではありません。
各々の怨み怒り憎しみが整理され和えられる。
そこではじめて心の平和の萌芽がある。
憎しみや嫉妬の牙を密かに研ぎながら平和運動を提唱する空虚。

行として、道としての実践。

「仲良く」だけでは不十分です。
和え物は二種以上の味を混ぜて第三の味を産みます。
材料がめいめい勝手な味を出していては和え物にはなりません。

個人の集まりが自己主張の見せ合いでは和は成立しません。
各人の異なる個性を和え合う。
相互の持ち味を生かし、誰にもない第三の味を産むからこその和。
よりそんな道場にしたいと思います。

和合と混合は違います。

参賀

DSCF4386_rs.jpg DSCF4460_rs.jpg DSCF4379_rs.jpg DSCF4373_rs.jpg
DSCF4382_rs.jpg DSCF4314_rs.jpg DSCF4442_rs.jpg DSCF4393_rs.jpg
DSCF4503_rs.jpg DSCF4457_rs.jpg DSCF4466_rs.jpg DSCF4351_rs.jpg
DSCF4341_rs.jpg DSCF4475_rs.jpg DSCF4447_rs.jpg DSCF4469_rs.jpg
DSCF4374_rs.jpg DSCF4364_rs.jpg DSCF4446_rs.jpg DSCF4463_rs.jpg

始発で上京し、昼にはとんぼ返りでしたが、念願叶いました。
天長節にお祝いに出向けたことは大和民族としての誉です。
天照大御神のご加護で見事に晴れ渡った空。
地元が氷点下で大雪だっただけに感慨もひとしおでした。
異国の方々の姿が散見されたのも特徴的でした。

今年は参賀される国民が最多だった事もあり、
国旗が一斉にはためく様相は圧巻でした。

陛下はただただ尊く、皇居へと歩みを進める段階から涙腺は閉まりませんでした。
日本人として更に気高くありたいと思いを新たにした次第です。

内田師範講習会顛末

DSCF4120.jpg DSCF4155.jpg DSCF4126.jpg
DSCF4190.jpg DSCF4136.jpg

岡山合氣修練道場内田師範の講習会が水戸合氣修練道場主催で開催され、
茨城県水戸市にて、2日間参加してきました。

とても愉快で深遠な術の世界を堪能し、且つ混乱して帰ってきました。
源流、原点へ遡る指針として、此度の経験は建設的に活かせればと思います。
故斎藤先生の志を継ぐ一人になるべく尽力する次第です。

なお、大人の事情により良い写真程掲載できませんので悪しからず。