一期一会

徳の高さを量るときに、「執着しない」ことを見る時があります。
何かが起きた時に心身が動いても、
過ぎれば忘じて心身が元の空虚に戻る。
つまりいつまでも固執し、心身の働きを浪費することがありません。

長じて人の縁も然り。
会った時が別れです。

技にも言えることは解ります。
が、ここが合わせとの折り合いの難しいところです。

お茶と一緒で、
同じ出会いは二度となく、いくたび同じ人と会ってもその都度が違います。
人は自らを深めますし、求道者であればその居心地の良い場を守らずに更に高めます。
会うたびに違う人間であるかの如く変化します。
そこに関わる主体である自己が、
その時々の真実の自己との邂逅を要求される。
顧みて初めて自己の至らなさを認識し稽古を楽しめます。

目標は、盲信を誘うのではなく、
体験を通して実感させてくれる存在でありたい。
その思いを新たにした次第です。
スポンサーサイト

空間認識能力

字が上手な人、書に通じている人は、
見たままの動きを模倣する能力に長けているようです。

細かな術的身体操作は別として、
動きの方向性や将来への注目、
想像の具現化は不得手ではないように思えます。

型として整えるという点において、
かなり近い次元で通じているものと思われます。

唯一絶対

1教は1教。
5級の門人でも7段の師範でも同じ1教です。
道も今昔変わるものではありません。

2つのものの対立と比較。
えてして差別を的確にするには、知識が進むほど複雑になります。
さらに数が増えれば尚更です。
比較を論ずれば争う心が芽生えることもあるでしょう。

「武は愛なり」と大先生は仰いました。
合氣道は合わせの武道です。
相対的認識や観念を空ずる。
それに必要なのは絶対的知識です。

「私は合氣道を行ずる。」では、彼我相対として合氣道の認識が生まれ、
その合理性、強さ、機能美など、己の流派と甲乙比較するものを要します。
つまりどこまでも相対的です。
独り善がりな思い込みで「理を創る」愚者も起こるでしょう。

「私が」ではなく合氣道そのままを見ることです。学ぶことです。

1教は1教。
「どちらの」ではなく「合氣道の1教」を知り、学び、感動する。

小競り合いをする暇はありません。
大先生の遺された合氣道そのものに、
心を整地し、一求道者として臨めば、
今昔変わらぬ道なれど、その景色は全く変わって見えます。

誤変換

稽古中、弟子に「呼吸力の養成として・・云々」と言ったところ、
なにやら笑っているので問いただすと、「呼吸力の妖精(フェアリー)」と脳内で変換されたらしく、
それを聴いた私も割と具体的な妖精のヴィジュアルを想像してしまいました。屈強なやつです。

始まりの季節

おかげ様で道場発足から丸5年が経過いたしました。
一重にご縁ある方々の後押しあればこそです。
感謝いたします。

道場の理念は揺らがないまま稽古してきました。
文武両道は不即不離の道であり、補いあう相対的道ではありません。
身体の錬磨と思考の錬磨。
どちらを欠いても不完全であるが故に、文化的な活動と言えます。
決して机上の学問と、運動能力に代表されるパフォーマンスの向上ではありません。

合理的且つ理論的な取り組みとしてはまだ途上ですが、
出来得る限り故斎藤先生の志を継ぐべく郷土に根差す所存です。